カテゴリー
未分類

森のようちえん 2020/2/23

森のようちえん“シンボルツリー”の大きなクヌギの木の下で


イロハモミジの冬芽を虫眼鏡で覗いてみると・・「動物の蹄(ひづめ)みたい!」


「センダン
の葉痕(ようこん)は羊のお顔みたい!」

 



作陶の先生は、すっかりお馴染み!庭樹園グリーンテラスのユキ先生☆


森で拾った“宝物”を使って、粘土のプレートに素
敵な模様を描きました


大きなセンダンの木の下で、“本物の粘土”を使った森のテラコッタ教室


青空の下での陶芸教室は初めてです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です